帝王切開の産後シャンプーは?

帝王切開の産後シャンプーは?

自然分娩の場合は、早いところでは次の日や二日後から病院でシャンプーしてもいい許可が下りるようですが、帝王切開だとなかなか簡単にはいきませんよね。
こちらは病院によって大きく差があるようですが、手術後10日間も入院している間はシャンプーできなかったり、手術後2日目からOKが出ることもあるそうです。
しかし、病院から許可が出たとしても、傷口が心配だったり体調が良くなかったら、無理してシャワーを浴びたりシャンプーしないほうがいいですよね。

そういう場合は、病院でシャンプーしてもらえるのが一番いいですね。
病院にもよりますが、ベッドで寝た状態のまま、頭だけ洗ってもらうこともできるので体に負担がかかりません。
看護士さんや看護助手の人に洗ってもらったり、美容師さんが来てくれるところもあるそうです。
または、身内の人に洗ってもらったり、濡らしたタオルで拭いてもらうだけでもさっぱりしますよね。

どうしても洗ってもらう機会がなかったり、シャンプーの許可が下りても体調が悪くて動けない場合は、ドライシャンプーがオススメです。
ドライシャンプーは髪を濡らしたり洗い流す必要がないので、ベッドの上でも簡単で安心して使えます。

なかなか日常的にドライシャンプーを使うこともなく、その存在を知らない人も多いのではないでしょうか。
ドライシャンプーは、水を必要としないので、災害時にも役立ちます。1本用意しておくと、万が一の時にも安心ですね。

使い方は、ドライシャンプーを頭皮にまんべんなくつけて、指先でもみこむようにマッサージします。その後、クシやブラシで髪の毛を梳かし、タオルで拭き取るだけで終了です。
昔は市販されているドライシャンプーの種類が少なく、使い心地もいまいちでしたが、最近ではスプレー式のほか、ムース状や粉状のものなども増えてお気に入りのものが見つかると思います。

ハーブやメンタームが配合されているものが多く、さわやかな香りでスッキリしますよ。香りや使用感だけでなく、しっかり皮脂を除去してくれて衛生的です。
入院前に一度その使い方や、使い心地を試してみるといいですね。そして入院時には、ぜひドライシャンプーを一緒に持って行ってください。

トップへ戻る